こころの本棚

人生は一冊の本のように味わい深いです。そんな日々を綴りたいと思います。

人間の原点に戻れば戻るほど人は自由になる。「てぶらで生きる。」

今年読んだミニマリスト系の本で、特に衝撃的で気に入った本が、しぶさんの「てぶらで生きるです。

 

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

 

 

4畳半、家賃2万円、冷蔵庫もテレビもない、テーブルもベッドも収納もない。

本に載っている写真は引っ越してきた状態の真っさらな部屋そのものでした。

 

ミニマリスト系の本も大好きで、

ぼくたちに、もうモノは必要ないは最初に衝撃を受けたミニマリスト系の本でした。

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

ミニマリストとの語源は「ミニマル」→「最小限」

ミリマリズムは「ミニマル・アート」という美術の分野から発達した概念だそうです。

 

例を挙げると、Apple社のあのリンゴのロゴマーク

 

ミニマリズムの本質は、ある1点を目立たせるために他をそぎ落とす「強調」にあるそうです。

 

生活において削ぎ落とせるもの

・お金

・時間

・思考

・行動 

1つをそぎ落とすと、人生のあらゆる局面におよぶ。

 

「なににお金を使い、なにに使わないか」を決めることは、「自分にとって、なにが幸せか」を知ることだ。

 

私はしぶさんのこの考え方に共感しました。

 

そして私自身も健康オタクなので共感した言葉。

 

病気や不調の「予防」にお金と時間をかけるべき。保険に月何万を払うよりも、予防、つまり「今」に投資するべきだ。

 

どんな成功のノウハウよりもいちばん大事なのは「食べ物」体は、普段口にする食べ物で構成されているからだ。

 

この言葉。これからも何度も見返そうと思いました。真理を掴んだから自然とミニマリストになったというような、そんな感じに受け止めました。

 

モノと真剣に向き合うその生き方はとても好感が持てます。

そんな本を読んでいる私はミニマリストではありせんが少しずつ、本当に必要なモノと暮らし、モノとの付き合い方を実践したいと思いました。

 

そして、今後のしぶさんのミニマリストな生き方に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

よろしければこちらもお願いします↓

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

@genko_library

あなたの人生、片づけます。を読んで

垣谷美雨さんの「あなたの人生、片づけます」を読みました。

f:id:genko-library:20180918212410j:image

あらすじはこんな感じです。

結婚適齢期を過ぎたOL、連れ合いに先立たれた老人や資産家女性、

一部屋だけ片付づいた部屋がある主婦・・・。

 

「部屋を片づけられない人間は、心に問題がある」

 

と考えている片づけ屋・大庭十萬里は、原因を探りながら手助けをしていく

Amazonより抜粋 

片づけ関係の本が私は好きで、今回片づけをテーマにした小説を読むのは初めてでした。 

モノと暮らす私たちは、片づけとは切っても切り離せない身近なテーマだからこそ共感することが多かったです。

 

どんな人にも汚部屋になる原因がある。

自分自身や周りの人に当てはめながら読みました。

 

片づけは目に見える変化が分かりやすく、

どの主人公も前向きに変わっていく様子がよかったです。

 

心と体はリンクしている。

読んだら部屋を片づけしたくなる小説です。

 

リセットしないよう、今自分は何を抱えているのか、

向き合うきっかけになればと思います。

 

この本を読んで、私はどうして片づけに興味があるのか?

考えてみました。

 

それは単調な生活の中で、"前向きになれること"、"変化"を求めているんだと思いました。

 

どんなことにも共通しますが「今にフォーカス」する。

これが本当に大事なんだと思います。

あなたの人生、片づけます

 

垣谷美雨さんの本を読むのは2冊目ですが、こちらもおすすめです。

 

子育てはもう卒業します

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

よろしければこちらもお願いします↓

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

@genko_library

昆虫を家で飼うはやはりお勧めだと実感

 

おはようございます。

8月の初旬に我が家に昆虫がやってきました。f:id:genko-library:20180917053309j:plain

山梨県の某所にて初めて虫捕りを経験しました。

夫は幼児期たくさんを虫捕りをしていただけにクヌギの木をすぐ見つけては、

樹液の匂い、木の朽ち果て具合を見てすぐ虫を発見することができました。

 

捕った虫は

特にカナブンがたくさんでした。

深夜1時に帰宅するという、これまでで一番遅い帰宅のお出かけでした。

 

そして次の日から昆虫のお世話が始まりました。

主にお世話は朝晩、昆虫ゼリーをあげる。

日光に当てるためベランダに時々出すです。

 

最初の頃は娘も一緒になってお世話をしていましたが

すぐ飽きた様子でした。

そして息子もすぐ飽きるかな?と思っていたところ、

9/17現在毎日餌やりしたり虫たちの様子を観察しています。

 

これにはびっくりでした。

そして毎日のように図鑑を見るようになりました。

我が家で使っている図鑑はこれです。

DVD付 新版 昆虫 (小学館の図鑑 NEO)

 

もう表紙も取れて既にボロボロなんですが、

自分が捕ってきた虫と図鑑を見て名前もすぐ覚えました。

 

朝晩涼しくなり、カブトムシもカナブンも死んでしまいました。

けれど最近発見したの、幼虫!!!

息子は幼虫を発見して大興奮でした。

これからこの幼虫が何の幼虫で無事成虫になれるか観察しようと思います。

 

昆虫を家で飼うメリット

  • 賃貸なのでペットが飼えない家向き
  • 愛着がわく
  • お世話の習慣が身につく
  • 生死を目の当たりにする
  • 図鑑と併用で虫に対する知識が身につく
  • 親子の会話のネタになる
  • 虫に抵抗力がなくなる
  • 相乗効果で他の虫にも興味を持つ

 

デメリット

  • 昆虫ゼリー代がかかる
  • 時々臭いが出るので土をかき混ぜたり風通しが必要
  • 周りに土が散乱し掃除が必要

 

いまのところこんな感じです。

虫を飼うは、ペットを飼うよりもハードルが低いと思うので、

幼児がいる家庭にお勧めです。

 

よろしければこちらもお願いします↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

@genko_library

本当にさせたい勉強とは? 小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」を読みました

中根克明さん著書、小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」を読みました。

f:id:genko-library:20180916140234j:image

 

我が家には幼稚園年中に通う5歳の娘と、

保育園に通う3歳の息子がいます。(2018年9月現在)

 

まだ小学生はうちにはおりませんが娘もあと1年半もすれば小学1年生。

 

予習のつもりで読みました。

 

よく遊び、少し学べ。

 

 

・3年生では放課後の時間がたっぷりあること

 

 

・目に見える勉強よりも、読書、親子の会話、自由な遊び、自主的な生活

 

 

本当にさせたい勉強

読書こそ本当にさせたい勉強

 

小3までに「本っておもしろい」と目覚められたら最高。

 

やはり勉強する上で大切なことは国語力なんだと感じました。

読書がその手助けになるそうです。

 

私は児童期から絵本を読んでもらった記憶もなく、学童期に入っても本を読むことがほとんどありませんでした。

小学校3年生までは勉強が順調にいったのを覚えています。

いわゆる暗記ものは得意でした。

 

しかし、学年が上がるに連れて算数の文章問題の言っている意味が分からなくなりつまづきました。

 

今でこそたくさん本を読むようになりましたが子どもの頃たくさん本を読んでいればどんな世界はの見え方だったんだろうと今も思います。

 

子どもたちも本好きになって欲しいなと思います。

まずは絵本の読み聞かせ。

好きな本と出会えるよう援助したいと思います。

 

本の中にオススメの絵本や児童書が紹介されていました。

小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」

 

子どもを本好きにしたい!という人にオススメの1冊だと思います。

 

よろしければこちらもお願いします↓

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

@genko_library

学びを結果に変えるアウトプット大全

現実世界はアウトプットでしか変わらない

昨日の投稿でも紹介したこちらの本について詳しく書いてみよと思います。

日本一アウトプットをしている精神科医の樺沢紫苑さんの本です。

樺沢さんはSNSを駆使して日々アウトプットを行っています。

使えるSNSは全て使っておりそのアウトプットの量は凄いです。

 

そんな樺沢さん自身が圧倒的多くのアウトプットをした経験から基づいた、

アウトプットの大切さをまとめたのが本書です。

 

こちらの本を読んで実行しようと思ったこと。

  • ブログを書く
  • Twitterを始める

この2点はインスタでも公言しました。

なので有言実行。

 

Twitterは2018年8月に開設。

ブログは2018年9月に開設しました。

 

できれば毎日更新を心掛けたいです。

できればです。

 

 

100-300-1000の法則

100記事、300記事、1000記事前後にそれぞれ大きくレベルアップするポイントが存在します。

 

あなたが体験したことを飾らずに話そう。

 

エラーは成功の糧。恐れることなく、どんどんトライ。

 

 

 

 

ブログを続けてとりあえず、3か月後の変化を見てみたい。

100記事アップできたら、インスタやTwitterでもブログを開設したことを宣伝してみようと思います。

 

私が感じたこと。飾らずに伝える文章を書けるようになりたいです。

 

ブログも何度か挑戦しては削除を繰り返ししてきたので長く続けたいです。

 

以前の私はSNSにおいては傍観者でした。

でも樺沢さんの本を読むようになり、アウトプットに挑戦するようにしたところ、

変化がありました。

 

インスタでは現在フォロワーさんが4400人います。

最初のころは100人もいませんでした。

読書専門のアカウントにする、アウトプットを定期的にする。

自分の書いたノートを公開する。

この積み重ねで今があります。

f:id:genko-library:20180915063017j:image

 

これまでたくさんインプットをしてきました。

これからはたくさんアウトプットに重きをおきたいと思います。

 

アウトプットをして変わりたいという人におすすめです。

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

よろしければこちらもお願いします↓

 

 

 

@genko_library

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子育て中、いつ本を読むか?

インスタを約3年続けて本の紹介をしていると、たまに質問されることがあります。

いつ本を読んでいますか?

 

年間150冊本を読むのでそんな風に疑問を持たれるのかもしれません。

 

本をたくさん読むためには

  • 常に読む本がある状態にする
  • 隙間時間を見つけたらすぐ読む
  • アウトプットを意識してよむ

常に読む本がある状態にする

私の本の調達手段は図書館が7割、購入が3割ほどです。

図書館ではネット予約をします。

主にインスタで読書垢さんとつながっているんですが、

その方たちの投稿記事を読むと読んでみたい気持ちになります。

 

購入は本屋さんで今どんな本が売れているのか、

どんな傾向の本が多いのか見て、中身をパラパラめくってピンときたのを購入します。

Amazonをたくさん利用するのでAmazonでポチることもよくします。

 

常に本がたくさんあり、新陳代謝をよくしないと本が溜まっていき逆にストレスになるのでサクサク読むようにします。

 

隙間時間を見つけたらすぐ読む

毎日の中で必ず誰しも隙間時間ってありますよね?

例えば、電車通勤の場合は移動時間があります。

その時間をゲームやSNSを見るのではなく読書に置き換えたら。

たまに利用する電車内は見渡す限りスマホに釘付け。

これが全て本ならば日本のGDPは上がるんじゃないか、

より日本人は健康になるんじゃないかと思います。

 

私の場合はご飯を作りながらも10分煮ている間とかにも読みます。

子どものお迎えまであと10分。

朝の出勤前の5分。

 

とにかく隙間時間が肝です。

 

アウトプットを意識して読む

私は読書ノートを1年前からつけるようになりました。

そのきっかけになったのがこちらの本

読んだら忘れない読書術

 

 今までの私は読んだら忘れる読書でした。

この本をきっかけに読書ノートをとり、そしてSNSでアウトプットをするこにより

劇的に本の読み方が変わりました。

 

特に図書館で借りて読むことが多いのでこの読書ノートは後で見返す

簡単な本の変わりになるのでとても重宝しています。

 

アウトプットが全てと樺沢紫苑さんはおっしゃっています。学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

こちらも読んでよかった1冊です。

 

本の読む時間がない。そんなことはないんです。

一日に何度も見ているSNSを(私もそうです)

読書の時間に充てる。

意識するだけで全然違います。

 

とにかく隙間時間

 

これを意識してみてください。

 

よろしければこちらもお願いします↓

 

 

 

 

@genko_library

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

丁寧に暮らしている暇はないけれど。

丁寧に暮らしている暇はないけれど。

 

「けれど」の先にある、自分らしい日々が愛おしい。

f:id:genko-library:20180913140356j:image

 

ちまたにあふれる「丁寧な暮らし」

私自身、丁寧に暮らしたいはお決まりのフレーズの如く各所で言っている気がします。

しかし、現実の私の生活は丁寧な暮らしとは程遠い暮らしです。

 

子ども2人を育てて、短時間ですが働いています。

毎日特に朝はバタバタで、仕事から帰って自分のご飯を急いで食べて、お迎えの時間までに家事をして、迎えたかと思ったらやれ習い事、夕飯の準備、あっという間に寝る時間。

 

毎日こんな日々で丁寧に暮らすのは私には無理なんじゃないかと思うほどです。

 

そんな中でも朝起きて一人の時間にボーッと白湯を飲んだり、昼食後にデザートを食べたり、ほんの隙間時間に読書をしたり、何気に自分の中で楽しい時間を捻出できていると思うのです。

 

丁寧な暮らし という言葉にプレッシャーをかけているのは自分自身なのではないのでしょうか。

 

きっとその先にある一人一人の暮らしには愛おしさがあったり精一杯さがあったり、暇を持て余して退屈だったり、色んな暮らし方がある。

 

結局は、「自分がどう暮らしたいか」にかかっているんじゃないかなと感じました。

 

丁寧に暮らしたい。

丁寧に暮らしている暇はないけれど。そんな風に思っている人に読んでほしい一冊です。

 

丁寧に暮らしている暇はないけれど 時間をかけずに日々を豊かに楽しむ知恵

 

よろしければこちらもお願いします↓

@genko_library

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村